【なめっこ物語】第3話 ママと赤ちゃんのラブミーにぎにぎ

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

 

 

「僕が作った縫いぐるみ、赤ちゃん気に入ってくれたみたいで良かった。」

 

 

 

 

出産祝いで凪さんが作った私そっくりの縫いぐるみを、赤ちゃんがギュッと握っている。

 

「…それじゃ、私は少し寝てくるから、この後もゆっくりしていってね。」

 

初めての出産で疲れた凪さんのお姉さんは、面会が終わるとすぐに部屋へ帰ってしまった。

 

みんなは赤ちゃんに夢中だけど、ママ大丈夫かな…?

 

私にはお産の大変さはわからないけれど、赤ちゃんよりもママのことが少し気がかりだった。

 

 

 

 

数か月後。

 

凪さんには内緒で住所を頼りに家へ行ってみた。

 

壁をすり抜けて中へ入ると、ベビーベッドの中で赤ちゃんが泣いていた。

 

端にはうつ伏せの私の縫いぐるみ。

 

ママは泣き続ける赤ちゃんをひたすらあやしている。

 

顔を上げたときにママも泣いているように見えたんだけど、気のせいかな?

 

ねぇ、凪さん…。

 

こういうときはどうしたらいいの‥?

 

 

 

 

「…あら?縫いぐるみが床に‥。」

 

私が意図的に下に落とした縫いぐるみに、ハッと気が付いた様子のママ。

 

縫いぐるみを赤ちゃんの手に持たせて、赤ちゃんを抱き上げると、ギュッと抱きしめた。

 

 

 

 

ママ、ごめんね。

 

気付いてほしくて意地悪しちゃったけど、私はママの味方だよ。

 

ママが今一番頑張っていることをみんなにも伝えなきゃ。

 

 

 

 

あれからまた数か月が経ち、久しぶりにママから写真が送られてきた。

 

写真に写っていたのは、少しふっくらした赤ちゃんと笑顔のママ。

 

みんなは相変わらず赤ちゃんばかり見ているけど、ママの方がもっと成長していると思うよ。

 

こういうのを確か地球では〝ラブ〟っていうんだよね?凪さん。

 

ママと赤ちゃんのこと、今後も見守っていきたいな。

 

Mom loves baby. And Baby loves mom, too.

 

ママは赤ちゃんを愛していて、赤ちゃんもまたママを愛しているんだね。

 

 


 

…というわけで、

 

1話2話に続き、今回はラブミー目線の赤ちゃんとママのストーリーとして第3話を描いてみました。赤ちゃんと初めて対面したときの気持ち(ラブ)をいつまでも忘れないようにしてほしいという想いから作ったオリジナルストーリーです。

 

そしてこのストーリーに登場する玩具を実際に制作しました☆

本日よりメルカリにて販売を開始しています。

 

 

 

 

 

玩具の名前は「ラブミーにぎにぎ」。

 

オーガニックの素材を使用し、完全手作りで作っています。使用している具体的な素材や制作工程などは、下記リンク先より是非ご覧ください。赤ちゃん用の玩具以外の用途としては、パソコン作業時の腕置き等としてもご使用いただけます。大切な赤ちゃんやペットがいるご家庭でも安心できるものを目指して作りました。

 

メイキングはこちらへ。

使用素材一覧はこちらへ。

実際に使用した様子はこちらへ。

ご購入はメルカリにて。

 

 

3話に新キャラを登場させる予定でしたが話の内容が変わってしまうため、4話以降にできれば登場させたいと思います。

 

更新はかなりゆっくりですが、今後もお楽しみに~☆・w・

 

 

 

 

〔本日も訪問ありがとうございます〕

↓ 猫をクリック(なでなで)するとブログのランキングが上がります。
励みになるので、是非応援を宜しくお願い致します。
If you like this blog, please click the cat below to vote for me.
I appreciate your thoughtfulness.

人気ブログランキングへ