【原型制作】 シリコン型の割りと加工

LINEで送る
Pocket

 

前回流したシリコンがしっかり固まりました。今回はこの型を割る作業からやりたいと思います。既にやったことがある人はなんてことのない作業ですが、まだやったことがない人は是非参考にしてみて下さい。

 

 

◆まず台紙と紙コップを取り除きます

 

紙コップはニッパー等で切れ目を入れておくと、破りやすくなります。(接着に瞬間接着剤を使用した場合は、手を傷つけないように注意して下さい。)

 

 

シリコン割2文字

 

◆余分なバリを取り除きます

 

そのままだと蝋転換する際に水平状態が崩れやすくなるため、取り除きます。

 

 

シリコン割3文字

 

◆ガイドに沿って切り込みを入れます

 

原型にカッターの刃が当たらない程度の深さで、上面と側面に切り込みを入れます。上面は直線、側面はゆるい波線で。波線にすると、後々型の合わせがしやすくなります。

 

 

シリコン割4文字

 

◆切り込みから少しずつ割ります

 

上面と両側面から少しずつ裂くようにして割っていきます。途中で2つに裂けそうになったら、カッターの刃で少し切るようにすると、比較的ガイド通りに割ることができます。(シリコン型がかなり大きい場合は、手の力に限界があるため専用工具を使用して下さい。よくある紙コップ程度の大きさであれば無くても大丈夫です。)

 

 

シリコン割5文字

 

型を取った後のワックス原型は、シリコンの油分が移りやすいため、早めに脱型するようにします。破損しやすので、慎重に。最後まで割ってもOKですが、パーティングラインが極力出ないように、途中で止めておいてもOKです。

 

 

シリコン割6文字

 

◆型の両側に湯口の加工をします

 

割ったそのままの形では中まで蝋が流しにくいため、湯口を作ります。よく切れるカッターで、注ぎ口にあたる部分を斜めにカットします。切った後の断面が凸凹していると脱型の際にシリコンが食付きやすく、劣化も早まるため注意。大きめのカッターを使い、1カットで切り取るように意識すると、比較的綺麗にできます。

 

 

シリコン割7文字

 

左が加工後の型。右が加工前の型。この後の原型作業に響かないラインまで、湯口を大きくとります。深くやり過ぎてしまうと、原型の形がわからなくなるので注意。

 

 

シリコン割8文字

 

上から見るとこんな感じ。先に細いパーツがある場合は更に湯口を設定する場合がありますが、今回はシンプルな形なので恐らくこのくらいで大丈夫。更に必要であれば、その都度型を加工していきます。

 

 

 

次回は、この型に溶かしたワックスを注入~。・w・

 

 

 

 

 

〔本日も訪問ありがとうございます〕

↓ 猫をクリック(なでなで)するとブログのランキングが上がります。
励みになるので、是非応援を宜しくお願い致します。
If you like this blog, please click the cat below to vote for me.
I appreciate your thoughtfulness.

人気ブログランキングへ