誰かに見せたくなる身近なデザイン+レシピライターとして私が最近思うこと

LINEで送る
Pocket

 

↑ Twitterでも紹介しましたが、今回はこれから貼ってみたいと思います

 

近所の美容院に行った際に偶然見つけたMoltoBeneさんの「DEVIL」という名前の商品です。成分に関しては合う合わないがあるかもしれませんが、こういう世界観が好きな人は結構いるんじゃないかな?容器が特殊な形になればなる程コストは上がると思いますが、多少高くても買いたくなるような魅力的なデザインですよね。HPのデザインもかなり可愛いです。

 

 

カルディの紙袋1小文字

 

↑ 次はカルディーの紙袋

 

クリスマス仕様の可愛いデザインになっていました。このままプレゼント用の袋としても使えそうですよね。紙袋の色に合うような配色でバランス良くデザインされています。

 

 

カルディの紙袋2小文字

 

↑ 反対はこんな感じ

 

相変わらず山羊が可愛いです。お気に入りの紙袋は使い終わってもストックしておきたくなりますよね。

 

 

おしゃべりサラダ小文字

 

↑ 最後はらでぃっしゅぼーやの会員情報誌 「おはなしSalad」

 

以前のブログでも少し書きましたが、らでぃっしゅぼーやの会員情報誌は中も表紙もクオリティが高いなーと個人的には感じています。写真の撮り方、料理の構成、見た目の美しさ等のレベルが高く、かなり目を惹きます。今までレシピライターとして色々な料理を作って撮影してきた私としては、結構刺激的かな‥。旬の食材が毎回メインで扱われているのですが、素材の合わせ方や見せ方が斬新で、とても勉強になります。読んでいるとなんだかこう‥遠い存在に感じるのですが、私もこういう仕事場の仕事に関わってみたいな~と思ってしまいます。

 

 


 

 

ここからデザインの話とはちょっと変わってきますが、

 

安全性の高い食材や食品に関する仕事だと、やりがいはとても大きいと思います。選ばなければ他にいくらでも仕事はありますが、実際に食べる人のことを考えると、やりたいと思える仕事は意外と少ないものです。仕事だし割り切りは必要なのですが、できれば自分から自信を持って紹介できるものを発信していきたいですよね。最終的には健康や環境に直結するものですし‥。

 

 

最近は料理やレシピを見ていると色々なことを考えてしまいます。

 

パッと見は良くても、その行き着く先はどうなのだろうか‥とか。自分が今まで作ってきたレシピの中にも削除したほうがいいかな?と迷うものもあったりします。時間が経つと自分の考えも結構変わってきます。レシピを作ったり提案したりすること自体は終わってしまえばそれまでですが、その後のことまで考えると結構責任は重いですよね‥。仕事であればクライアントに求められるものを作れれば取り合えず成り立ちますが、もしもそれだけしか考えていないとすれば、かなり無責任なことだと思いますし…。

 

現在は食べる人の健康を考えて作られたレシピもあれば、クライアント側に都合良く作られたレシピもあります。線引きが難しいものも多いですが、実際に作って食べれば最終的には食べた人の健康に少なからず影響します。

 

 

皆さんはその点どう感じるでしょうか

 

実際に作る人は、パッと見や作りやすさだけで判断せず、本質を見抜く力もある程度必要になってきているかもしれませんね。

 

 

 

 

〔本日も訪問ありがとうございます〕

↓ 猫をクリック(なでなで)するとブログのランキングが上がります。
励みになるので、是非応援を宜しくお願い致します。
If you like this blog, please click the cat below to vote for me.
I appreciate your thoughtfulness.

人気ブログランキングへ